×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このサイトは、不登校の問題からはじまりひきこもりとなった子供たち(それも二人とも)と、私たち夫婦の記録が書かれてあります。
長男長女と二人とも、神経症を煩い、そして不登校・ひきこもりとなり、リストカットと家族は危機を迎えました。
危機の苦しみの記録と長男長女の頑張りと苦闘/子供たちが克服することまでの体験記録
なお心を扱っているサイトのため、ご理解のない方はご遠慮ください。

肉親から見た不登校、ひきこもり、リストカット、そして神経症

目次です
はじめに

当サイトを作った趣旨と、簡単な私たち家族について起こった出来事など簡単説明を書いております

長男の苦しみの記録(いじめ・不登校・ひきこもり・ニート・そして対人恐怖症)

まずは長男からはじまりました。長男だけの問題だと思っていました、そのときは。出口が見えない状況まで書いています

長女の苦しみの記録(不登校・ひきこもり・リストカット・自傷行為)

長女も兄と同じ道を歩むように。そのとき私たちは、これは私たちみんなの問題だと気づきました。でもどうすることもできなかった。命を絶たれてしまう恐怖に恐れおののいていた。家族に未来なんかなかった時の記録

子供たちの頑張りと不登校問題克服へ(及び私たちの心の危機脱出)

出口の見えない中、家族はもがき苦しんでいた。その時、評判の高い心理セラピストの先生との出会いがあった。子供たちは頑張り、それぞれの問題を打ち破る。そして私たちも親の代からの過去からの負の連鎖という呪縛を解き放つことができた。
家族のプロフィール
趣味や症状など簡単なプロフです・・・
リンク・リンク・リンク!
心の悩みを扱うホームページのリンクです(神経症から不登校問題、引きこもり問題、リストカット問題まで)
メールはこちら

 

 

 

はじめに皆様へご挨拶

長男に続き、長女まで、兄の後を追うように心にトラブルを抱えてしまいました。長男はいじめを経験し、不登校そしてひきこもり神経症的には対人恐怖症症状)。長女は、リストカット自傷行為を繰り返し、不登校へ。そして引きこもりになりました。そのとき、私たち夫婦は気づきました。長男の性質の問題、いじめの問題で、そうなったのではない、じつは私たちの子供たちが小さい頃からの環境がそうさせていた。そして、私たち夫婦はまったく悪い影響と抑圧を子供たちに与えていたなんて夢にも思っていませんでした。それが正しいと思って育てていたのです。

私たち夫婦も、それぞれの親からそうやって育てられてきました。私たち夫婦の親は、ともに性質が似ています。そして、普通に(?)に生きて、この年まで成長してきました。それが絶対の真実だと持っていたことが、子供たちを神経症引きこもりにまで追いやってしまった。認めたくなかったけれど、育て方が全面的に間違っていました。親の呪縛の強さに、私たち自身驚いたし、私たちもその親に呪縛と抑圧を受けていました。

子供は厳しく育てればいいと言う育て方をしました。またされました。子供たちには愛情を注ぎました。いや、注いだつもりに過ぎませんでした。子供たちから見れば、愛情を感じて育ってなかったかもしれません。子供たちのことを考えるあまり、子供たちの自由なのびのびとした心をどんどん削り取っていき、学校生活を窮屈にしてしまいました。子供たちは抑圧がたまり続け、それを発散する機会も全く与えられず、ただただぎゅうぎゅうに追い込んでいただけでした。その抑圧はどこに行ったかというと、いわゆる潜在意識にため続け、ついには神経症的な症状を発してしまいました。そして、学校生活でのトラブルが重なり、抜き差しならない状況まで追いつめられていきました。

不登校ひきこもりニートはただの表面的な事象に過ぎません。それで、不登校ひきこもりはダメというのはナンセンスに気づきました。物事の本質はもっと根本から何でも対処しなければいけません。私たちは、ただ目の前の現象をどうにかしようと、あらゆるひきこもり不登校を受け入れる施設やカウンセリング相談精神科心理療法フリースクールと通わせました。子供たちがいやがっていたのにもかかわらず私たちの都合で通わせました。

長女の心の問題が深刻化するうちに、そして、何にも出口が見えないとき、同じ子供の悩みを抱えていた友人から、岩波先生の存在を教わりました。そこからすべてが変わっていきました。先生はすごい評判が高い先生ですが、実際の感じはそれすらちっぽけな評価に思えるほどです。子供の問題はそのまま私たち夫婦の問題でもありました。誰もが心を病み、脱出方法も見つけられないまま悪化していきます。あのときの私たちの病的な心の状態は、同じ経験をされている方ならきっと解っていただけると思います。それもすべて消え去っていきました。

もし同じ状況で子供が苦しんでいる家庭がありましたら、ぜひ私たちの家族に起こったことを読んでもらいたいと思います。これから子供を育てようとする人ならば、私たちの失敗を絶対避けてください。もしいま心の問題が端緒となった不登校やひきこもり・対人恐怖症に苦しんでいらしたら、それを突破する可能性が大いにあることを知って心強くしてください(ヒデ&リエより)


 

ヒデとリエへのメールはこちら

不登校ひきこもり対人恐怖症鬱病などの神経症自傷行為について
私たち親が抱える心の苦しさ、危機
子供たちが凄い効果を上げたセラピー・不登校・ひきこもり克服プログラムについてなど
私たち家族へのメールをください
お気軽にどうぞ

Powered by SHINOBI.JP
 

 

 

このサイトの文章の無断使用はおやめください
リンクはどんどん貼ってくださっても構いません

 

作成者:夫・・・ヒデ  妻・・・リエ 子供たち(ケンとマーコ)には内緒で作っています(^^;)


 

不登校・ひきこもり、子供、家族、体験記、リンク集
日本一の不登校・ひきこもり解決情報サイト